冬虫夏草(とうちゅうかそう) チベット  H 26-4-15 (火)

冬虫夏草は不老長寿の妙薬
チベットからネパールの3000~4000mの高山帯に分布しています。
キノコ、であり虫ではありません。
昆虫の種類によっていろいろありますが、漢方として、歴史に残してきたのは、
コウモリ蛾科の幼虫に寄生したもの一種類だけです。

(昆虫に寄生し、それを殺して昆虫の体から、キノコを生やす菌類のこと。)

虫付きの高級品で、1キロ 1000万円(1グラム一万円)
金より高い。

教育画像
幼虫の頭から芽を、出している画像


画像

画像
画像
画像


画像
画像
画像

"冬虫夏草(とうちゅうかそう) チベット  H 26-4-15 (火)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント